信用調査

会社を設立する場合には、団体として経営していく方法のほかに自営業など個人規模で事業を行っていく方法もあります。個人規模で行う個人事業主は、設立のときにかかる費用が安く抑えられるため比較的会社の設立が簡単に行えるというメリットはありますが、一方で事業拡大を図る場合には資金の調達で苦しんでしまうというデメリットがある場合があります。銀行などから借りることができますが個人事業主借入の注意点を理解しておく必要があります。個人事業主借入の注意点としては一番に団体よりも信用が低いということになります。そのため銀行で借り入れの申し込みを行ったとしても審査の段階で通過することができず借り入れできないことが多いです。なぜ個人事業主借入の注意点として信用が低いことがあるのかと言いますと、信用調査がしづらいということが言えます。融資をするかどうかの判断をする場合には貸し倒れを防ぐためにその人に返済能力があるかどうか信用調査が行われています。会社であれば資本金や事業の目的、取引先など経営の状況が比較的調べやすいですが、個人事業主は資金の状況を把握しずらく経営状況がいいのか悪いのかを判断する材料に乏しいので融資を断るケースが多いためです。もちろんどこの金融機関でも借り入れが困難というわけではなく、個人事業主を中心に貸し付けを行う公的融資というものもあります。個人事業主として事業を始める場合には貸付してもらえる機関があるかどうかを調べておく必要があります。