運転資金の調達

個人で事業を興すとき、これは中小企業を経営しているときにも、該当しますが、運転資金などの調達に奔走する局面が出てきます。その時の個人事業主借入の注意点について、いくつかまとめてみます。一番大きな個人事業主借入の注意点としては、やはり個人なので、金融機関から見れば、信用が少ないという点になります。もし企業に勤めていて、その後独立した方であれば、その信用のなさに痛感することがあります。金融機関から考えれば、企業と違い、個人事業主だと、その貸付資金の使い道がはっきり把握できるわけでもなく、業務内容も不明確の場合が多いです。さらに、担保となる資産も少ないことから、貸し出しに躊躇しがちで、審査も厳しくなります。よって、運転資金を含め、金融機関に融資を求めるときには、その資金の運用計画をしっかり計画し、それを金融機関に説明しきれることが大切になるのです。こういった点に注意すれば、金融機関のほうも、その計画性を認識し、融資に承認されるのです。また、個人事業主への貸付には、事業とは関係な住宅ローンやマイカーローンなどは関係しませんので、他にローンを組んでいるからといって、事業用の資金を融資されないというわけではありません。個人事業主借入の注意点としては、今まで述べたように、信用が無いのを、如何にカバーするかという点になりますので、計画をしっかり立て、それをきちんと説明できるだけの資料を作成し、金融機関との折衝にあたるべきなのです。